スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【UTAU実践録】動画を作るよ!【第2楽章第7節】

 (小生    ) ウェーイ!ついに動画を作るところまで来ましたよ。
 (脳内の人3) 浮かれてないでさっさと仕上げるのです。
 (小生    ) 慌てない慌てない。夜は長いんだよ。
 (脳内の人1) フム、予定ではこの記事は夜仕上げて、
          朝に投稿するつもりではなかったのだろうか。
 (小生    ) あー、そうだった。朝のつもりで書かなきゃ。
 (脳内の人3) 別に気にしなくていいのです。
 (脳内の人4) たいちょー、久々に変なテンション入ってるね。
 (小生    ) まあ、ホラ、初投稿間近だし。
          ようやく一つの区切りを迎えられるというか。
 (脳内の人1) しかし、UTAU導入から初投稿まで、2ヶ月は長かったな。
 (小生    ) それについてはイロイロと思うところもあるけど……
          いいっこなしってことで。

 (小生    ) さてと、前回あまりにグダグダにやったため、
          ちょっと修正したい部分があります。
 (脳内の人3) どこなのですか?
 (小生    ) 音量ね。ちょっと伴奏と歌声の大きさの比率が悪い気がしました。
 (脳内の人4) 他の人の作品聞いてて気づいたんだよね~
 (小生    ) うん。他の作品でも思ったより歌声の比率が大きくて、
          もうちょっと伴奏絞って、歌声大きくしないと聞き取りにくいなと。
 (脳内の人1) フム、それで具体的には?

 ・伴奏:-6dB
 ・歌声:±0dB

 (小生    ) てな具合の設定にしました。
           やっぱり調子によって聞こえ方が変わってくるもんだね。
           前回はこれだと歌声が強すぎる感じがしたんだよね。
 (脳内の人4) これで、次はどうするの?
 (小生    ) 次はね、この合成した音をwavファイルとして出力します。

 [SS:[ファイル]→[別名で書き出し(E)WAV...]]
 [ファイル]→[別名で書き出し(E)WAV...]

 [SS:保存ウィンドウ]
 保存ウィンドウ

 (小生    ) 保存ウィンドウが現れるので、適当に名前を付けて保存してくださいな。

 (脳内の人4) たいちょー、wavファイルのままだとサイズ大きくない?
 (小生    ) あー、うん。大きい。mp3に圧縮しとくべきだよね。
 (脳内の人1) フム、どうやってwavをmp3に変換するつもりだろうか。
 (小生    ) うぃ、『午後のこ~だ』というフリーソフトを使います。

 [SS:午後のこ~だ(起動時のスプラッシュ画像)]
 午後のこ~だ(起動時のスプラッシュ画像)

 (小生    ) 君と同じメイドさんだ。なぜメイドさんなのかは調べてないから知らん。
          また、今度調べておく。
 (脳内の人3) どうでもいいのです。ところでインストールはどうなのです?
 (小生    ) もうしてる。
 
 ゲシッ!!

 (脳内の人3) そうじゃないのです。
          インストール方法は説明しないのですか?と聞いてるのです。
 (小生    ) スビバセン。
          これもTipsで先にやればよかったのだけど、ついうっかり。
 (脳内の人3) 「つい、うっかり」じゃないのです。

 ゲシゲシ!!

 (小生    ) ひぃ、ごめんなさい、ごめんなさい( ´Д`)"
          後日Tips作っときます。(09/06/11 作りました→[Tips009]
          待てない人は『午後のこーだ』でググってくれればきっと、なんとかなるはず。
 (脳内の人3) まったく、しょうがないのです。
 (脳内の人4) 無計画だよね~

 (脳内の人1) フム、そろそろ進めてはどうだろう。
 (小生    ) うぃ。起動すると、こんな感じの画面が出るはず。

 [SS:午後のこ~だ]
 午後のこ~だ

 (小生    ) 『MP3エンコード』と書かれた下の枠内に、
          wavファイルをドラッグ&ドロップしてやります。

 [SS:ドラッグ&ドロップ]
 ドラッグ&ドロップ

 (脳内の人1) フム、ファイル名が枠内に出てくるな。

 [SS:ファイル名が表示される]
 ファイル名が表示される

 (小生    ) あとは、『エンコード開始』のボタンを押すだけ。簡単でしょ。

 [SS:エンコード開始]
 エンコード開始

 (脳内の人4) 終了後になんかウィンドウが出てくるよね。
 (小生    ) うん。差し向きどう答えても今回の作業に支障は無い。
          mp3ファイルさえできていればOK。

 [SS:mp3ファイル]
 mp3ファイル

 (脳内の人1) ところで、動画では歌だけを流すのだろうか。
 (脳内の人3) 動画といえば画像が必要なのです。
 (小生    ) その辺はぬかりないよ。
          この間、実家戻ったときに自然の風景撮影してきたので、それを使います。
          ブログにもうpしようかと思ったけど、zip形式うpできないんだね。
 (脳内の人4) 無理やり拡張子変換してもいいんだけどね。
 (小生    ) ま、別の方法考えときます。
 (脳内の人1) 素材写真なら探せばネット上にあるだろうからな。

 (小生    ) さて、これで素材はそろいました。
 (脳内の人1) ということは、いよいよ。
 (脳内の人3) 動画を作るのです。
 (脳内の人4) 作成ソフトはニコニコムービーメーカーだよね。
 (小生    ) そ。こっちの方はちゃんとTipsにインストール方法書いてるので安心。
 (脳内の人3) [コチラ]を参照くださいなのです。

 (小生    ) じゃ、起動しま~す。

 [SS:スタートメニューからたどる]
 スタートメニューからたどる

 [SS:投稿方法の選択]
 投稿方法の選択

 (脳内の人1) フム、スプラッシュ画像とともに
          『投稿方法』の選択というウィンドウが出てくるのだな。
 (脳内の人3) 今回は『通常サイズ』の動画を作るのです。
 (小生    ) 『ニコ割サイズ』ってのは動画の上についてくる帯状の部分のサイズだね。
 (脳内の人4) 『swf』って何?
 (小生    ) よくは知らないけどフラッシュファイルの形式らしいよ。
          今回は使う予定なし。
 (脳内の人4) つまり、一番上のやつを選べばいいんだね。
 (小生    ) そういうこと。

 [SS:プロジェクト エディタウィンドウ]
 プロジェクト エディタウィンドウ

 (小生    ) まずは~。
 (脳内の人3) mp3を組み込むのです。
 (小生    ) 了解。エディタ下部のファイルエクスプローラーから、
          さっき作ったmp3のあるところを探し出して、っと。
 (脳内の人4) 『音声1』のところにmp3ファイルをドラッグ&ドロップだよね。

 [SS:ドラッグ&ドロップ]
 :ドラッグ&ドロップ

 (小生    ) うん。そうすると音声1の横の暗い枠に波形が表示される。

 [SS:波形が表示される]
 波形が表示される

 (小生    ) 0:00:000の位置から波形が始まってるけど、
          なんかいきなり音が出るのもアレじゃない?
 (脳内の人1) では、ずらそうか。
 (脳内の人4) どうやるの?
 (脳内の人3) まず、波形をクリックするのです。
 (小生    ) おう、波形が黄色くなりましたよ。
 (脳内の人3) そのままドラッグすると今度は青くなるのです。
 (小生    ) うん。なった。
 (脳内の人3) 横にずらしていくと、青い部分がずれて黄色い部分が見えるようになるのです。

 [SS:音声などの移動]
 音声などの移動

 (脳内の人3) 青い部分を動かしたい場所まで移動したらドロップしてやればOKなのです。
 (小生    ) 了解。とりあえず1秒だけ動かしてみた。

 [SS:移動後]
 移動後

 (脳内の人1) フム、次は画像だな。
 (小生    ) これも基本的には音と一緒だな。
 (脳内の人4) 必要なファイルを暗い部分へドラッグ&ドロップすればいいんだよね。
 (小生    ) うん。それで、そのとき、細い青の縦線が出てないかい。
 (脳内の人4) ほんとだ。出てるよ。

 [SS:青の縦線]
 青の縦線

 (小生    ) この線の位置に画像が挿入されるので、
           これで適切な位置に入れとけばあとで動かす必要も無くなる。
 (脳内の人1) 適切な位置とはどこだろう。
 (小生    ) 前奏は別として、他は基本的に2小節ごとに画像を変えるつもり。
 (脳内の人3) でも、歌の切れ目がぴったり1秒間隔になってるわけではないので、
           注意なのです。

 [SS:歌いだしからしてずれている]
 歌いだしからしてずれている

 (小生    ) 歌が入ってるところは波形が膨らんでるから、
          波形見たらだいたいどの位置で2小節か分かるよね。
 (脳内の人1) フム、特にこの曲は2小節ごとで休符が入るので分かりやすいな。
 (脳内の人4) じゃ、入れてみるね。使う画像はM01~M11まであるんだよね。
 (小生    ) おう。お願いします。

 ……Now doing

 (脳内の人4) はい。こうなりました。

 M01→0:00:000
 M02→0:04:000
 M03→0:11:000
 M04→0:22:000
 M05→0:33:000
 M06→0:44:000
 M07→0:54:000
 M08→1:05:000
 M09→1:16:000
 M10→1:26:000
 M11→1:40:000

 (小生    ) で、次は画像表示の長さを調整する。
 (脳内の人3) 長さを変えたい画像の末尾の線にマウスのポインタを合わせると、
          『←□→』みたいなカーソルに変わるのです。
 (脳内の人1) それからドラッグして、伸ばしたい(もしくは縮めたい)長さまで伸ばし、
          ドロップすればよいのだな。

 [SS:伸びてるところ]
 伸びてるところ

 (小生    ) その調子で全部の隙間を埋めていきますよ~
 (脳内の人4) ラジャ!たいちょう!

 ……Now doing

 (小生    ) なんか終わりの部分の音がはみ出てるね。

 [SS:音がはみ出す]
 音がはみ出す

 (脳内の人4) 縮めるの?
 (小生    ) うん。画像とまったく同じ要領でできるからやっといて。

 [SS:終わりをそろえる]
 終わりをそろえる

 (脳内の人1) フム、一度再生して確認してみてはどうだろうか。
 (脳内の人3) 再生ボタンはここなのです。

 [SS:再生ボタン]
 再生ボタン

 (脳内の人1) その前に『ムービービューワ』を起動しとくと良い。
          これがないと画像の変わり具合がわからないからな。
 (小生    ) このボタンだな。

 [SS:ムービービューワ起動]
 ムービービューワ起動

 [SS:ムービビューワ]
 ムービビューワ

 (小生    ) あと再生時の注意点は?
 (脳内の人1) フム、再生は先に出てきた細い青線の部分から始まるので、
          再生したい位置をあらかじめクリックして移動させておくと良い。
 (脳内の人3) ただ、画像や音を選択している状態だと、
          その選択したものしか再生されないので注意なのです。
 (脳内の人4) つまり、音が黄色い状態だと音だけ流れて画像が流れないってこと?
 (脳内の人1) フム、そうだな。逆もしかり、画像を選択していると音が流れない。
 (小生    ) 全部を再生するには暗い部分をクリックして選択を解除しとけばいいんだな。
 (脳内の人3) そうなのです。

 (小生    ) じゃ、先頭から再生するから、先頭に線を合わせておくか。

 [SS:先頭はちょっと分かりづらい]
 先頭はちょっと分かりづらい

 (脳内の人3) 見えづらいのです。
 (小生    ) 気にしたら負けだ。
 (脳内の人4) じゃ、再生してみよ~

 ……Now playing

 (脳内の人4) わりとさまになってきたよね。
 (小生    ) あとは、歌詞がほしいな。テキストの入力?
 (脳内の人1) テキストの入力だな。

 [SS:テキストの入力]
 テキストの入力

 (小生    ) これも青い線を基準に挿入されるんだよね。
 (脳内の人1) フム、そうだな。
 (脳内の人3) ちゃんと確認メッセージが出てくるのです。

 [SS:テキスト入力確認]
 テキスト入力確認

 (脳内の人4) 『はい』ってすると、おっきなウィンドウがでてくるね。

 [SS:テキストの入力]
 テキストの入力

 (小生    ) 基本は↓に表示したいテキストを入力して……

 [SS:テキスト入力欄]
 テキスト入力欄

 (脳内の人1) 画像中で表示したい位置をクリックすればよい。

 [SS:位置の決定]
 位置の決定

 (脳内の人3) フォント、文字色など文字の装飾も適宜変えられるのです。

 [SS:袋文字、文字色、フォント]
 袋文字、文字色、フォント

 (脳内の人4) 2つ以上テキストを配置したいときはここから、
         別のテキストを選べばいいんだよね。

 [SS:対象テキストの選択]
 対象テキストの選択

 (小生    ) とりあえず、ここはタイトルを配置するから……

 ……Now doing

 [SS:配置済み]
 配置済み

 (小生    ) こんな感じ。だいたい操作は分かった。
 (脳内の人3) 表示時間は画像に合わせて4秒に設定しとくのです。
 (脳内の人1) テキストも音や画像と同様に、ドラッグ&ドロップで伸縮・移動が可能だな。

 (小生    ) 歌詞はとりあえず1小節ごとに入れようかな。

 [SS:歌詞のテキスト分割の例]
 歌詞のテキスト分割の例

 (脳内の人3) ためしに再生してみたのです。
          でも、なんか急にパッと変わってせわしないのです。
 (脳内の人4) それに、小節の変わり目が秒の区切りとあってないから、
          歌詞がずれているように感じるよぅ。
 (小生    ) おおっと、どうしようかな……
          お、フェードイン・フェードアウトって使えそうじゃね?
 (脳内の人1) フム、良い気がするな。さっそく使ってみるか。

 [SS:フェードイン・フェードアウト]
 フェードイン・フェードアウト

 (脳内の人1) すでに入力したテキストについてはダブルクリックしてやれば、
          再度『テキストの入力』ウィンドウを開くことができる。
 (小生    ) 了解。2小節は前1小節と後1小節に分かれてるから……
           それぞれどんな感じで設定すればよいかな。
 (脳内の人3) 前1小節は、その部分の歌詞だけを入力して、
          フェードインで表示するのです。
 (脳内の人4) 後1小節は、前1小節の歌詞をコピーしてきて……
 (小生    ) おおっと、コピペの手順を。
 (脳内の人1) フム、コピーしたいテキストを選択して右クリック。

 [SS:写し取りコピー]
 写し取りコピー

 (脳内の人3) この『写し取り・コピー』を選ぶのです。
 (脳内の人1) フム。次に挿入したい部分にカーソルを合わせて、右クリック。

 [SS:貼り付けペースト]
 貼り付けペースト

 (脳内の人1) この『貼り付け・ペースト』を選んでやればよい。
 (脳内の人3) ちなみにテキストの削除は選択後に[DEL]キーを押せばOKなのです。

 (脳内の人4) コピーができたら、前1小節の歌詞のテキストは
          フェードインをはずして、フェードアウト、
          別のテキストに後1小節の歌詞を入力して、
          フェードインとフェードアウトにチェックして、これでOK?
 (小生    ) OK。これでだいぶ印象が違うはずだ。

 [SS:フェードイン・フェードアウトの設定]

 <前1小節>
 フェードイン・フェードアウト1

 <後1小節>
 フェードイン・フェードアウト2

 フェードイン・フェードアウト1

 (小生    ) 完成?完成?
 (脳内の人1) フム、そのようだな。
 (脳内の人3) いや、サムネイルを忘れているのです。
 (小生    ) おう。ナイス気づき。
 (脳内の人4) 設定はここ(↓)でやるんだね。

 [SS:サムネイルの設定]
 サムネイルの設定

 [SS:設定確認メッセージ]
 設定確認メッセージ

 (小生    ) カーソルの位置のヤツが入るんだな。
          じゃあ、この辺を。

 [SS:サムネイル画像位置]
 サムネイル画像位置

 [SS:設定完了]
 設定完了

 (小生    ) うーし、一通りできた気がする。あとはうpするのみか。
 (脳内の人1) だいぶ長くなったので、記事としてはここできっておくのがよさそうだな。
 (小生    ) 作業自体はこのまま勢いで行くけどね。
 (脳内の人4) 後編に続く!だね。
 (脳内の人3) アップロード編は明け方には掲載予定なのです。
          それでは、しばしお待ちをなのです。

 [次へ:2-8 初投稿!]
 [前へ:2-6 伴奏と併せてみる]
 [索引へ]
スポンサーサイト

テーマ : UTAU
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はまち

Author:はまち
-------------------------
取れたてピチピチDTMer
※生ものにつきお早めに
  召し上がりください。
スキルの無さはソウルでカバー

在住: 愛媛
生業: IT屋さん
発生: 1980年代

「はまち」のついったページ

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。