スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【UTAU実践録】打ち込みに打ち込み!【第6楽章第1節】

 ■たまには実践録書かないとね■

 (脳内の人5) つ[まさに小タイトルの通りですよ。小生さん。]
 (小生    ) このところどの休日もどたばだしてましたからねぇ。
 (脳内の人2) 珍しくゆったりと過ごしてるな。
 (小生    ) 半日くらいはゆったりできた。珍しい。
           土曜日が潰れてしまったわりには良い過ごし方ができました。
 (脳内の人5) つ[曲作りに目処が立ったのが大きいですね。]
 (小生    ) 現状でもうpできる程度になりましたからね。
           投げ出す理由が見当たらなくなったので余裕綽々です。
 (脳内の人2) いつもいっぱいいっぱいというのもアレだしな。
 (脳内の人5) つ[歌詞入れとかの検討はしとかないといけませんよ。]
 (小生    ) あわてなーい、あわてなーい。


 ■こじんまりと要点を絞って■

 (小生    ) 久々に実践録を書くわけですが……
 (脳内の人5) つ[kamuyのメイキングでもやるのですか?]
 (小生    ) もうどうやって作ったかさっぱり忘れた。
           ちなみにソウソウカも。うp後2週間は持たないね。
 (脳内の人2) オイオイオイオイ。どうすんだよ。
 (小生    ) 今作ってるののメイキングやります。
 (脳内の人5) つ[まだうpもしてないのにですか?]
 (小生    ) 別にいいじゃん。減るもんじゃないし。
 (脳内の人2) そりゃそうだがよ。
 (小生    ) あと、メイキングというと御幣があるかな。
           最後に実践録を書いてから隔たりが、
           長くてその間やったことが多すぎです。
 (脳内の人5) つ[いちいち全ては書いてられないですね。]
 (小生    ) そこで、曲を作ったときのポイントポイントだけをピックアップします。
           小手先のテクニック論になるので、
           全く初心者には優しくない話になりますがご了承あれ。
 (脳内の人2) とりあえず各ツールを導入してみて操作は一通り覚えたレベルの人向けだな。
 (小生    ) ま、そんなとこです。
           そんな小手先テクニックを小生の思いつき理論とともに、
           ゆるーく垂れ流して参ります。

 ■やはり手始めはDominoから■

 (小生    ) 曲制作のときにいの一番に触るのはやはりDominoくんです。
 (脳内の人2) 曲制作はたいてい鼻歌から入る。
 (小生    ) ようやくです。
           ようやく鼻歌をまともに打ち込むことができるようになりました。
           ちゃんと、描いたイメージの付近にね。
           音符長や休符の取り方もなんとなく分かってきました。
 (脳内の人5) つ[ちまちま打ち込んでいた成果が出てきてますね。]
 (小生    ) リズム感0でもやってれば身に付くものですね。
           音程の方もだいたい3~4回試しに鳴らせば、
           持って行きたい位置に持っていけるようになりましたよ。
 (脳内の人2) 3~4回?多くね?
 (小生    ) うるさいわ!

 (小生    ) 今作ってる曲のメロディは大学時代の黒歴史時点から既にありました。
           新たに作ったメロディは間奏部分を除くとBメロと副旋律1フレーズくらいかな。
 (脳内の人2) 風呂場で歌ってたよな。
 (小生    ) うわぁぁ、思い出すだけでも恥ずかしい(/ω\)
           ま、今でも歌ってますけど。その頃とは歌詞はだいぶ変えてます。
 (脳内の人5) つ[もともとは実体験に基づく歌詞でしたからね!]
 (脳内の人2) 自分自身にしか分からないという……
 (小生    ) まったく、若気の至りとは恐ろしい。ま、テーマは変えてないですし、
           元々一般性の高かったサビ部分はそっくりそのまま使っています。

 (小生    ) 話がそれてしまいました。さて、打ち込みのお話。
 (脳内の人2) まずは基本のリズムセクションからだな!

 1.リズムセクション

 [SS:リズムセクション(Aメロ部分)]

 [SS:リズムセクション]

 (脳内の人5) つ[相変わらず8ビートで2拍4拍目にスネアが入るタイプですね。]
 (小生    ) これ以外打ち込んだためしがないから分からんのじゃよ。
           今度、DTMマガジンに乗ってたパターン打ち込んで、
           レパートリー増やそうと思う。
 (脳内の人2) 自分の耳で試してみんことには分からんからな。

 (小生    ) それほど大きく進歩があるわけではないですが、2点ほど。
           まず、1点目。DTMマガジン知識。ハイハットの音量は軽く絞る。
 (脳内の人5) つ[赤枠部分をよく見るとたしかに少し薄くなってますね。]
 (小生    ) と思ってたんですが、小生にはあまり濃さに差異が感じられん……
           ともあれ、音量100のままじゃ目立ちすぎるらしいね。
           80くらいがいいらしいよ。
 (脳内の人2) 90になってるが。
 (小生    ) この曲はロックな曲だしうるさいほうがいいかなー、と思って。
           まあ、80でもよかったかも。気にして聞くと耳に付くかな程度だと思う。

 (小生    ) 2点目。「音の出ない部分」を入れるということを覚えました。
 (脳内の人2) ピンクの丸の部分だな。
 (小生    ) ようやく空白も一つのリズムを生み出すということを理解しました。
           他の楽器もなぞらえて音を抜くとかなり効果的です。
 (脳内の人5) つ[Aメロの4小節・8小節目、サビのラスト部分で使ってます。]
 (小生    ) これ覚えると単調だったリズムに波がでるから結構使えると思います。


 2.ベース

 [SS:ベースパート(サビ部分)]
 [SS:ベースパート]

 (小生    ) 打ち込み始めたときからずっとこだわってることがありまして。
 (脳内の人2) それがこのベースか。
 (小生    ) 如何に変な打ち込みをするかをずっと研究しております。
 (脳内の人5) つ[それでよく楽曲が作れますね。]
 (小生    ) 今回も、「実際これって弾けるのかなぁ……」と疑問を持ちつつ作成。
           kamuyはわりとまっすぐだけどソウソウカも結構変だと思う。
 (脳内の人2) なにもお手本にしてないからな。
 (小生    ) そろそろなんかお手本にしたやつもひとつ作りたいんですけど。
           なんとなく今はうまくいってるからいいや、とも思う。
 (脳内の人5) つ[ちなみにベースパートだけを聞くと、
           「なんだこれ?」となること間違いないですね。]
 (小生    ) Bメロとかひどい。ある意味他のパートに絡んでおいしくなってるわけだから、
           わりといいセンいってるんじゃない?とか思ってみたり。
 (脳内の人2) 調子に乗るなや!
 (小生    ) すみませんでした!m(_ _)m
           たぶん応用の利かない打ち込み方なので、真似はしない方がいいと思います。
 (脳内の人5) つ[結局なんの役にも立たない解説でしたね……]


 3.ギター

 [SS:ギターパート(2番Bメロ部分)]
 [SS:ギターパート(2番Bメロ部分)]

 (小生    ) これほんとはギターでやる奏法じゃねぇんじゃね?
 (脳内の人5) つ[鍵盤楽器とかでやる奏法なような気が。]
 (脳内の人2) ギターでもできるのか?
 (小生    ) 知りません。楽器は弾けないので、さっぱりです。
 (脳内の人2) リアルなオケ作るなら楽器についての知識は必要不可欠だぜ。
 (小生    ) 今のところリアルなオケ目指してないんでいいんです。
 (脳内の人2) おいおい。
 (小生    ) なんにせよ、こんな適当に打ち込んでる風でも、
           意外と邪魔にならずになじんでくれるという事実にびっくり。
 (脳内の人5) つ[知識として知らないとなかなかこんな過激な打ち込みはできませんよね。]
 (小生    ) 例によってDTMマガジン見てたらこんな譜面があったので、
           「こんなんアリか!」と思いながら打ち込んだらアリでした。
 (脳内の人2) ほんとは細かく発音位置をずらすとよりリアルなんだがよ。
 (小生    ) ずらすとどうも変だったからやめました。小生は打ち込みくさいのが
           好きだからチョッキしのカクカクでもいいよヽ(´ー`)ノ


 4.音色について

 [SS:トラックリスト]
 [SS:トラックリスト]

 (小生    ) あいも変わらずYAMAHA XG WDMが音源です。
           扱いやすさも込みで見るとなかなかこれを上回る音源がみつからない。
 (脳内の人5) つ[優秀ですよね。やっぱり。]
 (小生    ) そうね。もっともギターとベースはアンプシミュレータを使っているので、
           このままの音色じゃありませんが(アンプシミュの話は追々)。
           今回選定した音色のなかで「コレキタ」という一品は。「Dr.Lead」ですね。
 (脳内の人2) Ch.04の部分だな。
 (小生    ) いかにもシンセの電子音という響きがたまりません。
           オープニングやエンディングに副旋律として配置しているほか、
           Bメロの隙間埋め、サビのアクセントにも使ってます。
 (脳内の人5) つ[私はBrssSectも好きなんですが。]
 (小生    ) ブラス系の楽器をいくつか合わせた感じの音色ですね。
           AメロもBメロも4小節×2のパターンで作ってるんですが、
           後半にこの音色を重ねることで、単調になるのを避けてます。
 (脳内の人2) SquarPadは結構後の方に加えたんだよな。
 (小生    ) うん。なんかもうちょっと高い音域の音が欲しいなと思って。
           これも結構当たりでした。「ホワン、ホワン」ていう
           Dr.Leadとはまた違うタイプのシンセ色あふれる音色です。
 (脳内の人5) つ[アクセントとしてよい仕事をしてくれてますよね。]

 (小生    ) あとそれから、ソウソウカからなんですが、
           Domino上にちゃんとボーカルパートを設けることにしました。
 (脳内の人2) つ[kamuyのときはギターとボーカルが一緒だったからな!]
 (脳内の人5) ……(私の画帳が……)
 (小生    ) なにやってんだ。返してやりなさい。
 (脳内の人2) ちっ
 (小生    ) コーラスパートも設けてます。これらをUTAUで読み込むようにしています。
           音色はパイプ系の音色……フルートとかを使うことが多いかな。
 (脳内の人5) つ[ちゃんとオケに歌のメロディがあうかチェックする必要がありますからね。]
 (小生    ) UTAUの出力がフレキシブルにDominoで一緒に再生できたらなぁ。
           とか思ったりしなくもないけど。まあ、これでも十分です。


 ■こんなところで終了です■

 (小生    ) こうしてみると、いろいろ取り入れて曲作りしてたんだなぁと思う。
 (脳内の人2) 「たんだなぁ」だと?自分でやっててか。
 (小生    ) 打ち込んでるときはたいして何も考えちゃいませんよ。
           トライ&エラー。それに尽きます。
           慣れるとだいぶトライ回数が少なくても、
           イメージ通りに打ち込めるようになってきた気がする。
 (脳内の人5) つ[気づくとできてたって感じですよね。]
 (小生    ) やっぱりそれってDominoの操作性の良さからくるものだと思います。
           ボタンいっぱいあるから拒絶反応起こす人はいるかもしれないけど。
 (脳内の人2) お前だって全部使ってなかろう。
 (小生    ) それでいいんですよ。全部使わなくても十分なる使い勝手ですから。
           でも、知れば知るほどちゃんと作業が楽になるのが凄い。
 (脳内の人5) つ[DTMマガジンでもしょっちゅうDominoを使った例が出てきますからね。]
 (小生    ) フリーソフトの性能じゃないですよ。
           いい時代にうまれたという幸せを噛締めて使わなければいけません。

 (脳内の人2) よーし、それじゃ今日はさっさと寝るぞ。
 (小生    ) たしかに。日付変わる前に寝れるかも。
 (脳内の人5) つ[それではこのあたりで失礼しますね。]
 (脳内の人2) うーし、お休みだ。
 (小生    ) お休みなさいませ。それでは!

 [索引へ]
スポンサーサイト

テーマ : MIDI
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はまち

Author:はまち
-------------------------
取れたてピチピチDTMer
※生ものにつきお早めに
  召し上がりください。
スキルの無さはソウルでカバー

在住: 愛媛
生業: IT屋さん
発生: 1980年代

「はまち」のついったページ

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。