スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【UTAU実践録】ペンタブ調声に憧れる【第4楽章第3節】

 ■UTAUからちょっと遠ざかってみる■

 (小生    ) 昨日は久々にオフしてきました。
 (脳内のケロ) ……まったくUTAU動画を見ない日なんて、何週間ぶりだろうよ。
 (脳内の人1) フム、ネットできない環境にもたまにはさらされるべきであるな。
 (脳内の人4) そーだよねー。ゆったりできるよね~。
 (小生    ) いや、君達は良かったかもしれんが、
           本体の方は気が緩んだせいか体調崩して大変だったんだが。
 (脳内のケロ) ……食いすぎだろうよ。
 (脳内の人4) あきらかに食いすぎだよね~
 (脳内の人1) 実家に帰るとありがちだな。
 (小生    ) うう、反論できない(T^T)

 ■ボチボチ調声を開始してみる■

 (小生    ) さて、先週はちょっと番外編をやってしまいましたが、
           今週は元の鞘に戻って、まじめにshiningrayを調声していきます。
 (脳内の人1) いよいよ、11月までに完了しそうもなくなったな。
 (脳内の人4) 来週も時間取れないしねぇ。
 (小生    ) まあ、それはそれ。遅れたってやることはやります。
 (脳内のケロ) ……それで、具体的にはどう進めるつもりだ。
 (小生    ) とりあえず、今日やりたいこととしては……

 ・前回、拾ってきたVSQのインポートを行う。
 ・調声前のパラメータ設定を行う。
 ・164氏のブログ記事をちょっと読んで、今回の調声方針に盛り込む。
 ・方針に従って、とりあえず1フレーズ調声してみる。


 (小生    ) というところでしょうか。
 (脳内の人1) フム、少ないような……
 (脳内の人4) 多いような。
 (脳内のケロ) ……やってみないとわからないな。
 (小生    ) では、時間も押してますし、さっそくやっていきましょう。

 ■いざ、実践!■

 1.VSQファイルをインポートしてみる。

 (小生    ) VSQのインポートやります。
 (脳内の人1) UTAUでカバー曲……とくにボカロカバーをやる場合には必須の技術だな。
 (脳内の人4) まあ、ただ読み込むだけなら技術ってほどでもないけどね~
 (脳内のケロ) ……とりあえず、UTAUを起動してみるんだ。

 [SS:[ファイル]→[インポート]]
 [ファイル]→[インポート]

 (小生    ) ここまでは無問題。

 [SS:ファイルの種類[VSQ]]
 ファイルの種類[VSQ]

 (脳内の人1) UTAUはmidiデータもインポートできるからな。
 (脳内の人4) 種類を変更しとかないと、ファイルどこ~?ってことになっちゃうよね。
 (小生    ) 冷静に考えれば分かるが、一瞬戸惑う。
 (脳内のケロ) ……Windowsの操作は本職の範囲だろうよ。慣れておけ。

 [SS:shiningray_Rin.vsqをインポート]
 shiningray_Rin.vsqをインポート

 [SS:トラックを選択]
 トラックを選択

 (小生    ) むは、ここで選択肢とは。どれだと思う?
 (脳内の人1) まあ、「Melody」あたりでいいんじゃないのか。
 (脳内の人4) 「Breath」と「Chorus」はまた後でだよね。
 (小生    ) というか、ブレスもトラック分けるんだね。
 (脳内のケロ) ……人によりけりかもしれんが、
           一応、音声と違うエフェクトかけたいときはそうするのも手か。
 (小生    ) うーん。VOCALOIDのVSQの特性上分かれてるだけかもしれないなぁ。
           分けて作ると位置合わせが大変な気もする……
 (脳内の人4) やってみなければ……だね!
 (小生    ) あー、まったくその通り。

 [SS:読み込みました]
 読み込みました

 (小生    ) おお、あっさり読み込んだ。
 (脳内の人1) ここで一悶着あっても困る。
 (脳内のケロ) ……大変なのはここからだ。

 2.調声前のパラメータ設定

 (小生    ) では、調声を始める前に基本パラメータを設定していきます。
 (脳内の人1) まずはプロジェクトのプロパティだな。

 [SS:今回のプロジェクトのプロパティ]
 今回のプロジェクトのプロパティ

 プロジェクト名:shiningray_teto
 出力wavファイル名:shiningray_teto.wav
 原音ファイルセット:重音テト(かさねてと)新Lite/09/09/実験版
 生成時オプション:g+7H12h12

 (小生    ) せっかくなので、テトさんの声は新Lite実験版でやってみましょう。
 (脳内の人4) 生成時オプションがもう入ってるよ?
 (小生    ) 一応、プレテストのときにこんな感じかなぁ~で仮にいれたもの。
           途中でどんどん変わるかもしれないので、ご了承あれ。

 (小生    ) それから[Ctrl]+[A]で全ての音符を選択して、
           とりあえずmodとbreの標準値を設定。

 [SS:全選択して選択範囲の音符のプロパティを開く]
 全選択して選択範囲の音符のプロパティを開く

 [SS:選択範囲の音符のプロパティ]
 選択範囲の音符のプロパティ

 (脳内のケロ) ……とりあえず、modは0、breは20か。
 (小生    ) 今回は、ピッチを細かくつけていくつもりなので、
           modは0にして原音からくる声の音程の揺れは抑えておきます。 
 (脳内の人4) たいちょ~、音量忘れているよ?
 (小生    ) そうだった、VSQの音量は64になってることが多いから、100にしとかなきゃ。
 (脳内の人1) なぜ64が入っているかについては
           [VOCALOID入門:ボーカロイド(初音ミク)のパラメータの働きと使い方]
           の「ベロシティの初期化」について読んでみて欲しい。
 (脳内の人4) VOCALOIDではこの値、音量とは違う値としてりようされてるんだよね~
 (小生    ) だから、気にせず変えてよし。

 (脳内の人1) それから、事前準備としてもう一つ気になる点が。
 (小生    ) ん、なんだろうか?
 (脳内の人1) この楽譜の先頭2小節ほどを占めるこの長い休符をどうするか、だ。

 [SS:コレ]
 コレ

 (脳内の人4) 何か深い意味があってつけられてるのかもよ?
 (小生    ) うーん、小生も以前はオケとの出だしをあわせるために
           休符入れたりとかしたような……
          でも、Audacityとかで細かい時間調整ができるようになれば必要ないなぁ。
 (脳内のケロ) ……これも元製作者の意図するところかどうか分からないからな。
 (小生    ) ustファイルとVSQファイルに互換性があるわけでもないからねぇ。
 (脳内の人1) ようは自分のやりよいようにしろ、ということだな。
 (小生    ) ということで、小生はこの休符は消させていただきます。
          再生するとき間違って選択してたら歌いだしまで時間かかるから、
          やきもきしちゃうんだよなぁ。

 [SS:消しました。]
 消しました。

 (小生    ) それから、消した後全体のテンポを82.5に設定しておいてください。
 (脳内の人4) もともとの設定だとこの休符だけが、
           テンポ120で歌詞が始まってからは82.5で変わらないからね。
 (小生    ) うっかりテンポの設定されている音符をいじってしまうと、
           大変なことになるので。そうなる前に予防を。
 (脳内の人1) できれば、テンポが設定されている音符も
           設定を消しておく方がいいかもしれんな。

 [SS:テンポが音符に設定されている]
 テンポが音符に設定されている

 [SS:全体のテンポとして設定]
 全体のテンポとして設定

 3.憧れの技を盗めるモンなら盗んでみる。

 (小生    ) 無理だねぇ。無理。
 (脳内の人4) あきらめ、はやっ!
 (脳内の人1) なんだ、ペンタブ調声の件か。
 (小生    ) この記事読んだときは「すげぇ、カッコイイ!!自分もしたい!」
           とか、年甲斐もなく憧れたんだが。

 [203soundworks:ぼくの調教方法]

 (脳内のケロ) ……現実はそう甘くなかったということだな。
 (脳内の人1) そして、その顛末が……[番外編]
 (小生    ) ああ……なんてことを。
 (脳内の人4) 穴があったら入りたい?
 (小生    ) ん?いや、そうでもない。番外編はそれはそれで楽しかったんでいいんです。

 (小生    ) とりあえず、もう一度冷静に記事を読み直して見ます。
 (脳内の人4) 重要そうなところはここだね~

 ぼくは絶対にではないですがこの調教を何回も繰り返し見てある程度の約束事を決めました。

 ・DYNがブレスからブレスの間にゆるいカーブを描く
 これはだんだん声が大きくなって小さくなるということです。

 ・子音部分と母音部分で二音として発音
 これは声を絞り出そうとする感じにしたい時ほど強調します。
 ぼくの曲で言う「億千の思い出と」の部分の「おーもーいーでと・・お~」という感じで。
 必ずDYNのパラメータ側で分けます。入力側だとこういう感じにはなりません。

 ・DYNとPITは同期している
 これは絶対にではないですが、音が高くなれば声も大きくなるのを表してます
 ただし、PITはなるべく基準音を守ります。
 DYNは細かくかつ大胆に、それでいてなめらかにw描きます。


 ・一音一音全て必ずカーブをつける
 似た音でも絶対コピペ厳禁です。どんなに意味が無くてもぱっと聴いた感じわからなくてもちょっとした変化をつけます。じゃないと人間味が薄れます。

 ・そのカーブは必ずその音のちょっと手前から始める
 子音も大事にするためです。

 引用元:[203soundworks:ぼくの調教方法]



 (脳内のケロ) ……では、UTAU上でこれらの技をどう表現すべきか検討していくか。
 (小生    ) うぃ!素人なりに頑張ってみます。

 ・DYNがブレスからブレスの間にゆるいカーブを描く

 (小生    ) ブレスからブレスの間……
 (脳内の人4) つまり、1フレーズってこと?
 (小生    ) おお!それだ!きっとそれだ。
 (脳内の人1) 1フレーズの出だしは小さく、中盤には大きく、
           最後は小さくということか。
 (小生    ) 後ろについてる説明文の意を汲むとそんな感じかな。
           えーと、UTAUでは、DYN(ダイナミクス)は代替に、
           エンベロープと音量を使って操作するとのことだったので……

 ※参考:[UTAUユーザー互助会@ウィキ-調声入門(ボーカロイド使いの憂鬱):ダイナミクス]

 ★フレーズの中ほどに音量のピークを定め、その前後の音量を徐々に変化させていく。

 (小生    ) という方針でやってみることにしましょう。はい、次。

 ・子音部分と母音部分で二音として発音

 (脳内の人1) フム、一音を二音にわけるということは、
           「と」を「とお」にするということをさすのではないか。
 (小生    ) そうだね。それなら、伸ばす音については、
           そういう処理をしているときも、前々からあったよね。
 (脳内のケロ) ……しかし、説明を良く見ろ。入力側ではやらないよう書いている。
 (脳内の人4) 「と」を「とお」にするのってまさに入力側だよね。
 (脳内の人1) フム、うかつであった。
 (小生    ) おーう。これもDYNで表現しろと?

 ……Now thinking

 (小生    ) とりあえず、音量は一音については全て一括で変えるしかないから、
           すなわちこれはエンベロープでの処理になると思います。
 (脳内の人1) フムフム。
 (小生    ) で、UTAUの5点エンベロープで設定可能な「1音を2音に分ける」
           パラメータはこんな感じだと思います。

 [SS:子音と母音を分ける]
 子音と母音を分ける

 (脳内のケロ) ……もっと正確にしようとするならば、
           原音設定の固定範囲が終わる位置を子音の終了と定め
           (無論、原音設定がしっかりできてる前提)
           そこを頼りにp5の値をあわせるのがいいのだろうな。
 (小生    ) まあ、そんなことの前に根本的に、この直線系では、
           164氏が言ってる内容を表現することは無理なんじゃね?
           という気がする。
 (脳内の人1) 理想としては、こんな感じか。
 (脳内の人4) 青線の部分だね。

 [SS:子音と母音を分ける(理想形)]
 子音と母音を分ける(理想形)

 (小生    ) この形については164氏の[203soundworks:ぼくの調教方法4]
           に画像つきで解説記事が書かれています。
 (脳内のケロ) ……たしかに一度落ちた後の立ち上がりはゆるやかにカーブを描いているな。
 (小生    ) くそう、これがPIT(ピッチ)ならば問題は解決したものを。

 (脳内の人1) で、どうする?
 (小生    ) できないものを嘆いていてもしかたないので、入力側で分けます。
           たぶん、それが一番164氏の言っている形に近づけるかと。
           UTAUとVOCALOIDでは音声生成エンジンの部分で、
           やってることが違うだろうから、入力側で分けてもうまくいく
           ……かもしれない。
 (脳内の人4) 何事も希望を持ってやってみることだよね!

 ★2音に分割できそうな音符は2音に分割する。

 (小生    ) ただ、全てを分けても多分うまくいかないよね。
 (脳内の人1) 八分音符以下の長さについては分けない方がいい予感がするな。
 (脳内のケロ) 四分音符は要検討。
           二部音符程の長さになれば分割推奨、といったところだな。
 (小生    ) 結局は自分の耳がたよりなのね……

 (小生    ) では、次の方針。

 ・DYNとPITは同期している

 (小生    ) これは、最近感覚的にもつかめてきた。
 (脳内の人1) HANASUを勉強したときにもこういう話がでてきていなかったか?
 (小生    ) そんな気もする。「音が高くなれば、声も大きくなる」
           人間の発声のお約束なんだろうね。
 (脳内の人4) そういえば、第3楽章の「風の通り道」を調声するとき、
           音量の変化をつけてなかったけ?
 (小生    ) そんな気もする。
 (脳内のケロ) そのとき説明に使った図がこれだな。

 [SS:【UTAU実践録】サクサク作るよ!【第3楽章第6節】中の図]
 【UTAU実践録】サクサク作るよ!【第3楽章第6節】中の図

 (脳内の人4) これって、何気にピークが音の高さにあってるよね。
 (小生    ) おおー、ほんとだー!すげぇ(笑)
 (脳内の人1) しかも、ワンフレーズでの音量変化としても上々じゃないか?
           ピークに対して、徐々に上がって、徐々に下がる。
           最後に少し上がっているが……
 (脳内のケロ) ……それは、音の高さに併せている感じだな。
 (小生    ) なんだろうね。何があったんだろう。UTAUの神が光臨でもしたかな?(笑)
           この動画は小生のうp動画の中でも多大なマイリスをいただいてて、
           リスナーには感謝感謝の作品だったんですが……
 (脳内の人1) 偶然にせよ「声のダイナミクスのパターン」に合致したのが、
           評価をいただけた要因の一つかも知れんな。
 (小生    ) うーむ、奥が深いものです。

 (小生    ) そうそう、フレーズの中のピークもそうだけど、
           1音の中でもエンベロープによる音量変化はあるよね。
 (脳内の人4) そうだね。
 (小生    ) せっかくなので、1音の中でもエンベロープに合わせて、
           ちょっとピッチをいじってみよう。
 (脳内のケロ) ……たぶんに実験的な要素も含まれるが、やってみるといいんじゃないか。
 (小生    ) もしかしたら、ペンタブ使えるチャンスかも知れないしね。
 (脳内の人4) ちょww、たいちょー、目的そこなのww

 ★1音1音の音程に併せて、フレーズの音量変化を付けていく。
  また、1音中でもエンベロープの変化に対して、ピッチの調節を行う。


 (小生    ) はい、では次~

 ・一音一音全て必ずカーブをつける

 ★コピペ厳禁、一括設定もできれば禁止

 (脳内の人4) 結論でるしww
 (小生    ) まあ、苦労もあろうが、氏がそういうならやってみるしかないべ。
 (脳内のケロ) ……小僧の技術で有意な差が出るかは疑問だがな。
 (小生    ) 作っている小生自身にも違いが分からないことの方が多いからねぇ。
 (脳内の人1) フム、しかし人は分からないままに感じているということもあるからな。
           操作の練習や音の理解にもつながりそうだし、やってみる価値はあるだろう。
 (小生    ) 案外、こういう部分が「作品に魂を込める」ってことなのかなぁ。
 (脳内の人4) でも、これでいよいよ11月までに仕上げるのは絶望的だね!
 (小生    ) ……のんびりやります。
           本編以外にちょいちょい他にもやってみたいことあるし。

 (小生    ) さて、最後、最後になりました。

 ・そのカーブは必ずその音のちょっと手前から始める

 (小生    ) うーん。
          UTAUでは先行発音という形で、ユーザ側にも明確な音の出始めが分かるから、
          これについては、実はVOCALOIDよりも優秀なのかも?
 (脳内のケロ) ……優秀かどうかというよりもインタフェースの違いだな。
           細かい内部までユーザに見せるか、隠蔽したまま利用してもらうか。
           良し悪しは目的によりけりだ。
 (脳内の人4) 関連しそうな事柄が[203soundworks:ぼくの調教方法5]にも書いてるね。
 (脳内の人1) フム、なるほど音を近づけると自動的に繋いでしまうのだな。
 (小生    ) UTAUの方は逆にどう繋ぐかで苦労してるんだけどね。
          まあ、連続音がその解法の1つにあたるのかしら。
 (脳内のケロ) ……様々な動画を見ていると、単音でもやり方1つという気はするがな。
 (小生    ) 話がそれました。とりあえず方針としては。

 ★ピッチやエンベローブの移り変わりは先行発音の位置を意識して設定する。

 (小生    ) よーし、とりあえず方針を組むことが出来ました。
          あらためて、並べておきます。

 ★1:フレーズの中ほどに音量のピークを定め、
     その前後の音量を徐々に変化させていく。
 ★2:2音に分割できそうな音符は2音に分割する。
 ★3:1音1音の音程に併せて、フレーズの音量変化を付けていく。
     また、1音中でもエンベロープの変化に対して、ピッチの調節を行う。
 ★4:コピペ厳禁、一括設定もできれば禁止
 ★5:ピッチやエンベローブの移り変わりは先行発音の位置を意識して設定する。


 (脳内の人4) それなりにまとまったね。
 (脳内の人1) はたして、この方針が吉と出るか凶と出るか。
 (脳内のケロ) ……あとは、実践あるのみだな。

 4.さっそく1フレーズ

 (小生    ) 御託並べたままで終わっても面白みがないので、
           とりあえず1フレーズやってみましょう。

 [SS:そっと、手を伸ばした(インポート直後)]
 そっと、手を伸ばした(インポート直後)

 [mp3:そっと、手を伸ばした(インポート直後)]

 (脳内の人4) 伸ばし棒……UTAUじゃつかえないからね。
 (脳内の人1) とりあえず歌詞を補完だな。

 [SS:そっと、手を伸ばした(歌詞を補完)]
 そっと、手を伸ばした(歌詞を補完)

 [mp3:そっと、手を伸ばした(歌詞を補完)]

 (脳内のケロ) ……方針★2に沿って、「と→とお」「の→のお」に分割しているな。
 (脳内の人1) 伸ばし棒についてはその前の音の母音で補完。
 (脳内の人4) それから、「そ」が少し短すぎるから、
           Length「90」=「3連8分音符」にしといたよ。
 (小生    ) ついでに、今回はブレス調声にもチャレンジして見ます。
           ということで、ブレスを追加。
 (脳内のケロ) ……まだ、音量を調節してないから、ブレスが耳障りに聞こえるな。

 [SS:そっと、手を伸ばした(エンベロープ、音量を設定)]
 そっと、手を伸ばした(エンベロープ、音量を設定)

 [mp3:そっと、手を伸ばした(エンベロープ、音量を設定)]

 (小生    ) とりあえずエンベロープと音量を設定。音量のピークは「の」に設定しました。
 (脳内の人1) エンベロープはなだらかな山形が多いな。

 [SS:一例]
 一例

 (小生    ) そうだね。子音強調のためには2つの峰がある山形がいいんだけど。

 [SS:「し」にとりあえず設定してみた]
 「し」にとりあえず設定してみた

 (小生    ) どうもね。新Lite版では「おま☆かせ」一発調声ができるようにするためか、
           原音の段階で子音が強調されてるっぽい。
           他の音に2つの峰を設定するとどうも子音が強すぎる感じがする。
 
 [SS:そっと、手を伸ばした(ピッチカーブを設定)]
 そっと、手を伸ばした(ピッチカーブを設定)

 [mp3:そっと、手を伸ばした(ピッチカーブを設定)]

 [SS:ペンタブ調声!]
 [SS:ペンタブ調声!]

 (小生    ) せっかくなので、ペンタブ調声してみようと思うんだ。
 (脳内の人1) 諭吉さんのためにもな。

 [SS:結果]
 結果

 (小生    ) ううむ。まだまだ慣れが必要だなぁ。
 (脳内のケロ) ……母音部分は基本的には安定してた方がいいからな。
 (小生    ) いかになめらかに微細に違いを生じさせるかだよなぁ。
 
 ■というか、時間ないよ■

 (脳内の人4) もう22時になっちゃうよ!時間ないよ!
 (小生    ) ええい、とりあえず。終了!
 (脳内の人1) フム、続きは次回か。

 (小生    ) 基本的にこのあとは1フレーズずつ、
           ガリガリ調声していくのを記事に載せていく感じになるのかなぁ。
 (脳内の人1) フム、なんだかんだいって一曲まるっと解説したことはないからな。
           解説記事としても1つの特異な経験になるんじゃないのか。
 (脳内の人4) だから、次章以降は似たようなことを、延々続けていくことになると思うよ。
 (小生    ) 小生が飽きたら3分クッキングのごとく出来上がりにすっ飛びます。
 (脳内のケロ) ……そこは頑張るところだろうよ。

 (小生    ) とりあえず、毎回終了時点のustは載せて置きます。
           参考になるか分かりませんが……
 (脳内の人1) 拡張子をtxtにしているので、ustに直すのは自前でお願いしたい。
 (脳内の人4) まあ、txtのままでも読み込んでくれるけどね~

 [ust:shiningray_teto091004.txt]

 (脳内のケロ) ……それでは、アディオスだな。
 (小生    ) 「更新に添えて」は今日中に上がらないかもしれませんが、ご堪忍を。
           それでは~
 (脳内の人1) フム、では失礼するとしよう。
 (脳内の人4) じゃあね~

 [次へ:4-4 チマチマ調声] 
 [前へ:4-2 素材探しの旅へ] 
 [索引へ]

 [関連記事]
 【雑記】ネットのない休日【更新に添えて】
スポンサーサイト

テーマ : UTAU
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はまち

Author:はまち
-------------------------
取れたてピチピチDTMer
※生ものにつきお早めに
  召し上がりください。
スキルの無さはソウルでカバー

在住: 愛媛
生業: IT屋さん
発生: 1980年代

「はまち」のついったページ

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。