スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【UTAU実践録】インストゥーーール!!【第1楽章第2節】

 (脳内の人1)タイトルで絶叫するほどのことでもないだろうに。
 だって、いよいよ小生のPCにUTAUが導入されるんですよ?
 叫ばずにはいられません!
 (脳内の人3)ほんとは、すでに一度入れてるのです。
 シーッ!シーッ!それ言っちゃダメだから!

 ちなみにさっきググッてみたところ、インストールを「インストロール」
 と勘違いする人も世の中にはいるらしい。
 (脳内の人2)ほんとかよ?
 さあ、真偽のほどは分からん。

 ダンッ!!(←机を叩く音)

 (脳内の人3)くだらないことばかり言ってないで、さっさとはじめやがるのです!
 イエッサ!((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

 フー、こわや、こわや。
 それでは、前回の続きです。

 ダウンロードした場所にインストーラのアイコンができてると思います。
 小生の場合はデスクトップですね。

 [SS:UTAUインストーラのアイコン]
 UTAUインストーラのアイコン
 名前の中の数字はバージョンを表してるから、違ってても気にしないように。
 ダブルクリックして、インストールを開始しましょうか。

 [SS:UTAU 歌声合成ツール セットアップ ウィザードへようこそ]
 歌声合成ツール セットアップ ウィザードへようこそ
 特に見るべきところは無いです。『次へ』 行きましょう。

 [SS:インストールフォルダの選択]
 インストールフォルダの選択
 フォルダはデフォルトで『C:\Program File\UTAU\』特に変える必要も無いでしょ。
 あ、『ディスク領域』って気になるな、ちょっと見てみよう。

 [SS:ディスク領域]
 ディスク領域
 ふむふむ、『必要な領域:17MB』ですか。軽いね。昨今のPCなら余裕でしょ。
 (脳内の人1)この領域を確保できない人は、UTAUをやる前に生き方を見直すべきだな。
 (脳内の人2)うんうん(チラッ)
 いや!小生、ちゃんとしてるから!誤解を与えるような言動はやめてほしいから!

 (脳内の人3)上の人たちは、ほっとくのです。『ディスク領域』を閉じて『次へ』、進むのです。
 
 [SS:インストールの確認]
 インストールの確認
 (脳内の人3)ここもとくにすることはないのです。『次へ』どんどん行くのです。
 
 [SS:インストール中]
 インストール中
 (脳内の人2)……貼る意味あるのか?
 いいんだよ。撮っちまったんだから。

 [SS:インストール終了]
 インストール終了
 (脳内の人3)これで完了なのです。だぶん、デスクトップにショートカットができてるのです。
 (脳内の人1)スタートメニューにも追加されているな。

 [SS:UTAUショートカット]
 UTAUショートカット

 [SS:スタートメニューにUTAU]
 スタートメニューにUTAU

 ……あれ?終わり?
 思ってたほどの感動はなかったなぁ。
 (脳内の人2)インストールに何を期待しているんだよ(^_^;
 (脳内の人1)だから、叫ぶほどのことじゃないと……全く、恥ずかしいやつだ。

 ま、いいや。これからだよね。これから。
 (音出し編に続くよ!)

 [次へ:1-3 こんにちわ、世界]
 [前へ:1-1 UTAUをダウンロード]
 [索引へ]
スポンサーサイト

テーマ : UTAU
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

はまち

Author:はまち
-------------------------
取れたてピチピチDTMer
※生ものにつきお早めに
  召し上がりください。
スキルの無さはソウルでカバー

在住: 愛媛
生業: IT屋さん
発生: 1980年代

「はまち」のついったページ

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。